このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

MARKER STUDIO OFFICIAL SITE | 〒700-0026 岡山市北区奉還町3-16-23 TEL:086-250-6579

MARKER STUDIO スチャダラパー DISKAH
P1180595

Tach

スタジオも色々なNewな感じで新年感出てます

ついに明日ですね
ペパーランド入口でチケットはMARKERSTUDIOで伝えてくれれば、いい感じです。
何より出演者勢。全員「面白い」の一言、この方々は本気ですごいのご期待あれ。

▼ドラびでお
ドラびでおこと一楽儀光氏は、型にはまらない異色ミュージシャンの宝庫・山口の重鎮である。長年に渡る多様な音楽活動の末に、ドラムセットとエレクトロニクスを連動させ巨大なビデオデッキと化し、ドラミングに反応して音と映像をリアルタイムにコントロールする《ドラびでお》と言う革新的なスタイルを開拓。50歳を過ぎた現在も世界中の音楽シーン、アートシーンを脅かし、注目を集め続けている重要危険人物である。しかし、2012年2月、長年に渡るハードなツアーと強力なドラミングの影響で患っていた腰の状態が遂に限界を迎え、ドラマーとしての引退を電撃発表!そんな逆境をものともせず、TKR Worksの山本氏と共に、音と映像をコントロールする新世代の楽器「DORAnome」を開発し、ドラびでおとしての次のステージに突入している。知的でストイックな作品が主流の所謂メディアアートシーンの中にあっては、一楽氏の作品が持つ粗野で下品な切り口、そしてくどいぐらいえぐみの効いたエンターテイメント性は一際異彩を放っている。2005年には「ARS Electronica」(オーストリア)にて、その年最も優れたデw)€」献・・w)ル音楽に贈られる”Honorary Mention賞”を受賞。2007年6月には、芸術界の世界最高峰「ベネチアビエンナーレ」に招待され、2008年8月にはスペイン「サラゴサ万国博覧会」に日本代表として参加。2009年には人気テレビ番組「SMAP×SMAP」にも出演している。

▼伊東篤宏
98年、蛍光灯の明滅と共に放電ノイズを出力する自作音具「OPTRON」を制作、命名し、展覧会場などでパフォーマンスを始める。間も無く国内外の展覧会、音楽フェスなどから招集を受けるようになり、以来世界各国の様々な舞台で展示やライブを繰り広げる。当初は遠隔操作で独立したオブジェクトであったOPTRONも数々の改良を重ね、2005年には現在の手持ちの形態となり、より一層肉体的でパワフルな表現を可能とした。所謂サウンドアート的展開から、ロック、ジャズ、ダンスミュージックまで自在に行き来するアプローチの幅広さと、音の大小や空間の規模を問わないその表現特性により、様々なタイプのアーティストとボーダレスで多種多様なコラボレーションを繰り広げている。2011年、BLACK SMOKERから発表したソロアルバム『Midnight Pharmacist』には、THE LEFTY(KILLER-BONG&JUBE)をゲストに迎え、ポストパンクの実験性と現在のゲットーダンスミュージックの快楽性をミックスした”アヴァンヒップホップ”を聞かせている。薄汚れた路上と現代美術のギャラリー、原始と文明の間を往復しながら、過去とw)€ハね苹・w)を同時に感じさせるようなユニークな作品と評され、話題を集めている。