このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

MARKER STUDIO OFFICIAL SITE | 〒700-0026 岡山市北区奉還町3-16-23 TEL:086-250-6579

MARKER STUDIO スチャダラパー DISKAH

イベント

888896

2017/05/11 : TORI酉TORIな日々

P1440010

P1440013

P1440029

P1440011

P1440038

P1440037

S__32989227

2017/04/28 : 始まりますよTORI個展 Diamonddust

TORI君_170412_0004

TORI君_170412_0001■ Diamonddust
 2017/5/3(水)~5/14(日)
■場所 MARKERSTUDIO
■OPEN PM14:00~ CLOSE PM19:00
■店休日 月曜日/火曜日気まぐれ

TORI 0011

p1420287

2016/12/29 : MARKERSTUDIO 2017

p1420289今年も色々と発信発見出来た年になりました。
下町エンターテインメントの旅はまだ続きます、年始は1/3に恒例の書初めを行う予定です。

では良いお年wo

1479355041234

2016/12/07 : ACT-RIBE vol.12

今週の土曜日はこちら
147935504123412.10(sat) at CLUB NO.9
ACT-RIBE vol.12

START 22:00~
ADV / 3000 DOOR / 3500
SP GUEST-
SHUREN the FIRE
FUMITAKE TAMURA (BUN)

-GUEST-
FReECOol / soulpot records , human music

-LIVE-
HANABiS / high life records
OWL / G4P

-DJ’s-
FLASH PISTON
A’s / pgp records
MIRROR
CAP

-DECO-
聖紅

1479355045246ゲスト勢はもちろんですが、DECOとか地元勢とか表現の日

uuu

2016/11/25 : zakkun cosmo collection2016

zak001hp002ZAKのフォント狩りの旅が始まりました
気付けば人生の半分を費やした。
何回同じ文字を書いたのか、、、天文学的数字なのか、、、
フォントや文字(letter)の持つ自由かつ伝えなくてはいけない使命感を今だに追及
作っては壊し、偶然の産物との出会いは宇宙の彼方へ
そんなZAKの日常の中で起きる地産物は地産地消の生物
鬼の国岡山からのお便り
 
p1410567
・プロフィール
ZAK
岡山生まれ岡山育ち
10代後半にgraffitiに出会い
改造された文字のかっこ良さに衝撃を受け瞬間的に意識を完全に持っていかれる。
持っていかれた意識はまるで、宇宙を未だ止まる事なく進んでいるようだ。

HIPHOPカルチャーをバックに今夜も地元で宇宙を徘徊…

Home Townである地場のCDのジャケットデザインや文字の提供は今も尚、現在進行形

kddd

2016/11/17 : aki

p1410325

p1410481

p1410475

kbbbee

p1410488日本の素敵な季節です。
次回の展覧会㋋2016年シメククリ

dscn1241

2016/10/26 : 1+1=3 ESOW&ZENONE Exhibition

奇跡の瞬間にお立ち合い!!
MARKERSTUDIOスーパーおすすめの展覧会です!

ESOW+ZENONE Exhibition
esowzeninsta002
「1+1=3」

■日程 2016/10/29(SAT)~11/13(SUN)
■場所 MARKERSTUDIO
■入場無料
■時間 OPEN PM14:00~PM19:00(平日/日曜)PM14:00~PM20:00(土曜日のみ)
■定休日 月曜日
p1400859ESOW

p1400833ZENONE

あの東のESOW+西のZENONEが!ここ岡山に久々の同時登場!
ありそうでなかったこの組み合わせ!日本のシーンを引っ張る二人が下町奉還町はMARKERSTUDIOにてコラボレイト、都会のセレブでは見れないアングラコンパクト缶は、まさに体感型必見リアル使用!
下町の良さと浪速の商人感に岡山の風土が融合、LA/NYとちゃいます、ここはにっぽん、東京と大阪の表現者は正に今日本のストリートアートって謎の言語の元に日々変化するアートシーンとやらに、この展覧会を通して面白みに欠けるシーンに投石!
リアルな繋がりは独自の表現方法で日常の1シーンを面白おかしくユーモアと皮肉たっぷりにてお届け。

軟弱な表現者に税金対策アートにインチキフェイムも必見!

p1400173

2016/09/22 : 釜玉うま! street oasis

台風の来る中、雨の中製作期間、約数か月の自分達の作品が日の目に高松へMARKERcrew参上
p1390769

p1390777

p1390784

p1390861

p1390920

p1390928

p1390936

p1390962

p1390977

p1390981

p1400002

p1400027

p1400029

p1400045

p1400046

p1400058

p1400063

p1400066

p1400072

p1400089

p1400187

p1400189

p1400191

p1400227

p1400260

p1400266

street-oasiss_2688

street-oasiss_5781高松のmenmenや四国勢にはお世話になりました!

最高の時間だけは確かでした。

markercrewは何処へでも何処へでも何処にも行かない何処へも行けない何処へでも

jun_tokunaga-58

2016/09/20 : OPSBリリースパーティー「 Western Lariat 」~秋のjamboree~

OPSBリリースパーティー
wes4

「 Western Lariat 」~秋のjamboree~

10/21(FRI)@Yebis ya pro
PM23.00~

チケット代 
3000円 1D付

ローソンチケット
61711
http://l-tike.com/d1/AA02G11F1.do?DBNID=1&ALCD=1&LCD=61711&VNCD=68865

GUEST LIVE
OPSB

GUEST DJ
YO.AN (HOLE AND HOLLAND)

HOME DJ
TETSUO(FVK)
ZEEK(DT-Sound)

スタンハンセンってまじで強いプロレスラーが昔いました、そのハンセンが、来日当初「俺はお前らより若いんだ。ニュー・ジェネレーション・パワーを見せつけてやる!」
という思いで「ユース!」と叫んでいたのが日本人の耳には「ウィー!」と聞こえ、受けが良かったので、そのまま自分の決めセリフの代わりとして使用したそうだ。

そんなこんなで西日本westsideから秋のjamboreeって事で出演者全員XXXXTHEJAMBOREE経験者を東からwestへ手招き、友人が仕掛ける音楽接待場所、岡山の音処エビスヤプロにて私自身初初のオーガナイズでpartyやります。
しかも金曜日!

お出迎えはリリース引っさげて!イケイケスケーターバンドOPSBとイケテル音で踊らしてくれる男HOLE AND HOLLAND代表DJ YOANが犬島以外の岡山に初登場!
MARKERSTUDIOからも昨年7インチをリリースもしたこの面子
ura
なぜなら良いからです!
Home Djも忘れるな!平和町の平和事FVKからテツオ氏と岡山を代表するDJって言っても過言ではないDJZEEKのお二方がガンガンで行きます!
23時から大人時間のサクッサラッと恰好の良い粋な音時間の丁寧なご提案です。
生音+DJタイムをエビスヤの華麗なる音で聞けるなんてなんて素敵な事でしょうか?

この機会にぜひ、3000円ー1Dは見栄えは少し高く感じるが、まどろこっしい2500円別途500円1D表記に嫌気したので正直に3000円にドリンク付いて来ます表示で千円3枚で入れてとにかくお酒は一杯飲めます
チケットも取扱もローソンチケットか当日エビスヤの入口かtreesにて事前に名前予約など全て一律3000円でOKのカジュアルに仕上げました!

知らない曲や知らないartistがいつの日か知ってる曲で知ってるartistになるかもね

かっこいい音楽出会いたいなら来て見て聞いてや!
来たら楽しますので共にしっかり飲みましょう!ウィー!

778

2016/08/19 : HOME TOWN -Nostalging Exhibition- finish

P1390230

P1390326

P1390344

P1390350

P1390358

P1390360

P1390366

P1390367

P1390369

P1390370

P1390371

P1390379

P1390381

P1390391

P1390396

P1390400

P1390544

P1390553

P1390558

P1390570

P1390572ALL THANKS

photo by namb

1 / 1612345...10...最後 »