このサイトはJavaScriptがオンになっていないと正常に表示されません

MARKER STUDIO OFFICIAL SITE | 〒700-0026 岡山市北区奉還町3-16-23 TEL:086-250-6579

MARKER STUDIO スチャダラパー DISKAH

2011/12月更新の投稿一覧

2011/12/27 : MARKER STUDIO年末年始

クリスマスにはサンタさんが来る場所になったMARKER STUDIOも今年は良く走りましたが残すトコロ後二日オープンから年末までは早かったですね〜
さぁ年始もすぐ来るので仕切り直して行きましょう!!
年末年始の予定です。
ご確認ください

GRAND COBRAの個展「Iron Claw」は年跨いで2012.1/8がラストのクロージングは見に来てくれた方々と新年会したいもんですね。

2011/12/23 : Iron Claw Days

年末に向かい、いつも静かな奉還町も少しだけお忙しい感じ
おばあさんやおじいさん達も厚着でお出かけ。
そんな奉還町に二度見スポットとして君臨している作品達
実は今回の作品の一部でもある部分はGRAND COBRAが得意とする照明の表現が気分や考えがまた違う所へ気持ちを持って行ってくれてそこからまた始まる違う感情 
白い壁や地面に置かれた作品達の表現を上げる状態も見所の一つだ、おすすめの時間帯は夕方の5:00位〜はとても良い感じでいつものMARKER STUDIOとはまた違う空気感です。
クリスマスが近づきましたね。
世界で一つのプレゼントにもぴったりのセンスのいい作品も少量ですが購買可能です、ご用意しています。

2011/12/22 : HIDDEN CHAMPION magazine issue#23

2011年最後のHIDDEN CHAMPION到着
今号も、ART、SKATEBOARD、SNOWBOARD、PHOTO、MUSICなど幅広いカルチャーを取り上げています。
Photo by nam@Thai Land 2009
その中でも特筆すべきは、世界中のストリートにステッカーを貼り続けている謎の人物として、多方面から注目されさまざまな憶測の飛んでいるあの「BNE」の日本初となるインタビューを掲載しています。
Photo by nam@Thai Land 2009
BNEがなぜあれほどのステッカーを世界中に貼るのか? そして、2011年に新たな動きとして始めていた「BNE WATER」というNPO団体の設立についてなど、興味深い記事が日英バイリンガルで掲載されています。
他にも、アーティストEric ElmsがHIDDEN CHAMPIONのために手掛けてくれたアートワークや、Andy Mueller、Shaniqwa Jarvisといった著名フォトグラファーの素敵な写真の数々まで、充実した内容になっています。
MARKER STUDIOに急げ〜

2011/12/21 : スプリングボッグ

GRAND COBRAの背景には多くの動物達の美しい天然のラインが
写真はスプリングボッグ
サバンナに生息する動物
今回の作品のモチーフにもなった動物のご紹介でした。

2011/12/20 : *大事なお知らせ*

本日も良い感じで始まっています。
Grand Cobla Exhibition「Iron Claw」
お詫びと修正です。
矢掛町に展示する予定だった上記の写真の「大きい鉄の作品」は諸事情により今回は展示できませんでしたので、会場となるの場所に行っても作品はみれませんので予めご了承ください。
誠に申し訳ございません。

2011/12/18 : Iron Clawが始まった

今年一番の冷え込みの中で始まったGrand Cobla Exhibition
Iron ClawはMARKERSTUDIOを一瞬にして変えた見せた。
ZENONEとの共同作業で組み上げるその空間こそが作品だ。
丁寧に考えた作家の感性は本質が素直に出ていて気持ちが良いもんだ
作品や作家本人の力が遠方からもやってくる
岡君の登場や岡山のアツイ面子がどんどんやってくる
そして
良い時間は知らぬ間に時間を吸収する
MARKER STUDIOから発信する、やばめの時間

2011/12/14 : GRAND COBRAを待つ

MARKERSTUDIOに初めての造形物、所謂、平面ではない物
がやってきます、楽しみで仕方ないです。
スタジオがガラッと変わりそうですね、常設展以外にもなんで岡山の矢掛に作品が!突如的な感じで同時テロで作品も市外地に用意している感じです。
とにかく楽しみです。
その他にも企画色々です。くすぐりますよ〜もちろん購買出来る作品もご用意していますので。お早目に。。。

2011/12/14 : アウトライン展 最終美 レポ

最終日はこの感じ
NEIMが急遽不参加になってしまったが
自然ともってる時間が始まる





後はMARKER名物ZINEにて鑑賞ください。ありがとう。
鬼thanks

2011/12/12 : Grand Cobla Exhibition

Grand Cobla Exhibition
Iron Claw
2011.12/17 OPENING
2012.1/4〜1/8 CLOSING
HOLIDAY
12/19.26:正月休み12/29〜2012.1/3
「自然な素材と関西人愛用の光もん」を愛す職人アーティスト 
主に身近にある造形物や照明などを作り続ける
全ての作品はフリーハンド製作 下書きなし トレースなし 間違いなしのインスピレーションイメージで前に進む技法、
その背景には関西、岡山、動物、自然、不自然、隠と陽、裏と表、鉄、木、ストリート、プロレス、など身近な物が隠れている
最近の作品では類を見ない作風「ワイヤーワーク」に取り掛かる、そのラインはとても慎重で美しい作業
作品に対しての「気」
いつも気にしている部分は鉄の素地の持つ色味や独自の錆方や質感や溶接などの自然現象を見て触って感じて欲しい 
ついつい伝わらない物になってしまう事もあるが、、、
その感性はいつしか隠す美学やマスクレスラーの美学などに精通する
所謂、隠れた部分に力量を注ぐ
「気の利いた謎めいた作品」
近年では新しい試みとしてグラフィティーアーティスト「ZENONE」との共同作品やハイセンス自転車ブランド「cycroc」など、と合同展示会などで新な可能性を引き出し、記憶に残る実績を作る。
GRAND COBRAが相手の頭を包み込むように自分の手で掴み、両のこめかみを、挟みこむように絞めあげる。

GRAND COBRA aka MACHO
1971大阪府出身1994年頃から溶接に出会い、軌道溶接をへて、装飾金物溶接に移り溶接を学ぶ。
そのころから、制作活動を開始。
2001年から(grandcobra)としてスタート。
2003 港町アートフェスタ参加
2004 ブッチャーズギャラリーにて個展
2004 moduleにて個展(machonard in da house)
2010 pinbrooklynにてグループ展(live and direct)参加
家具×artをコンセプトに様々な作品を制作する一方扉や柵・リヤカーなどの、建築物の製作なども行う。

2011/12/09 : Live and Direct


どうなる事やら 楽しみでしかない
当日は最終日なので豚汁やおにぎり用意しています!お早目に。

1 / 212